婦人

整形して明るくなれるなら目のたるみを改善するべき

すっきりとした顔にする

女の人

漢方薬を合わせると良い

目の下のたるみは、美容整形を受けて改善するのが最も良いと言われています。目の下にたるみが出来るようになるのは、眼球の下にある脂肪が加齢によって飛び出ることで起きます。飛び出た脂肪は自然と元に戻ることはないので、整形をしない限りそのままの状態になります。目元は、もともと皮膚が薄く刺激を受けやすい部位であるため簡単な整形だとしても腫れが出やすい部位になります。術後に漢方薬を飲むようにすると、腫れや痛みが引きやすく症状が良くなりやすいので漢方薬を取り入れているクリニックもあります。もともと目元が腫れやすい人の場合は、漢方薬の処方もしてもらえるクリニックを選ぶようにすると術後の回復が早くなるでしょう。

切開して脂肪を除去する

たるみの整形は、まぶたを切開して脂肪を除去するという治療法になります。たるみの状態を見てどの部位の脂肪をどのくらいの量除去するか、デザインを決めます。その後局所麻酔を行い、結膜部分を切開して脂肪を抜き取っていきます。まぶたの裏側を切開するため、傷が見えることがなく自然とたるみを改善することが出来るため多くの人が施術を受けています。一度の治療で改善することが出来るので、通院する時間があまりないという人でもすぐに症状を改善することが出来るようになります。目の下のたるみは、老け顔に見られるので多くの人の悩みとなることが多いですが、切開して脂肪を除去すれば若々しくスッキリとした顔にすることが出来ます。

ソフトな光で美顔

フェイシャル

フォトフェイシャルはIPLというソフトな光を照射して、シミ・そばかす・ニキビなどを改善する最先端の美容法です。東京にはフォトフェイシャル協会の認定したクリニックがあり、最新の機種で施術を受けられます。

Read More..

汗に関する悩みと治療

脇

多汗症とは、体の一部分に通常よりも大量の汗をかいてしまう症状のことです。多汗症は、整形外科での治療で治すことが出来ます。特にボトックス注射を使う方法が人気で、一度の治療で半年程度、症状を抑えることが可能となります。

Read More..

劇的な改善を期待

女性

湘南美容外科クリニックが提供する脱毛は、2種類の医療用レーザーが力を発揮してくれます。症例数が豊富で定番となっているアレキサンドライト、痛みが少なく状況を選ばないで対応できるメディオスターがみられています。

Read More..