老夫婦

物忘れは早いうちから予防する|健康食品で脳を活性化

普段から脳の筋トレを

笑顔の夫婦

今からできる脳の鍛錬

物忘れは誰でもあることですが、それがひどくなると認知症になるリスクも高くなるので注意が必要です。とくに、認知症の人は、自分が物忘れをしていることにも気づいていない場合が多く、症状を悪化させないためにも普段からの脳のトレーニングが重要になってきます。まず、積極的に料理をすることが大事です。料理をするときは、手順などを考えたりレシピを見ながらすることが多いので、脳をかなり使います。また、イメージしてから行動することも大事です。たとえば、何かをするときに、たとえば手紙を書くときなどに、手紙のレイアウトや、どのような手紙を書くかなどをイメージしてから書くことが脳の発達に役立つのです。そして、感動や達成感を味わうことで、ドーパミンを放出するので、それが脳力アップにつながります。ちなみに、ここまで説明した脳力アップ方法は短期記憶に直結しており、ここを鍛えることで物忘れをしにくい脳へと成長するのです。

若くても注意が必要

ところで、中には若いから大丈夫だと思っている人もいるかもしれませんが、脳の老化は20代から始まるといいます。それは、加齢によって脳の細胞が減少していくためです。ですから、物忘れに少しでも心当たりがあれば要注意です。そのために、若いうちから規則正しい生活を心がけ、ストレスをためないよう努力することが大事です。食べ物においては、ブレインフーズと呼ばれる脳を活性化させる食べ物を摂取することが重要で、その代表例に大豆があります。ブレインフーズは、脳内の情報をやりとりする神経伝達物質の分泌を高める働きがあります。また、運動も重要で、運動をすることによって脳の血流量が増え、脳力アップにつながります。ちなみに、歩くよりも走るほうが効果が高いです。一時間のジョギングを週4回することで効果があります。

脳の保護作用で予防

サプリ

物忘れ対策として古くから利用されているイチョウ葉エキスは抗酸化作用によって脳の保護作用を示すことにより脳の障害を予防することができます。毎日継続して摂取することが大切であるため、続けやすいイチョウ葉茶を飲む習慣を作るのは良い方法です。

Read More

中年女性の悩みの一つ

色々な漢方薬

更年期障害においての治療方法は様々なものが存在しており、漢方などを使用する工夫を行ってみるのも良いです。更年期障害における症状の特徴を十分に把握してから、その症状に合う漢方を選ぶと良いと言えるかもしれません。

Read More

40代からの不調に

生薬

更年期やうつ症状など病気ではないけど、不調を改善させたい時には漢方が使えます。一般的な薬とは異なり、東洋医学で作られた漢方は症状や体質などによって処方されています。

Read More