レディ

整形して明るくなれるなら目のたるみを改善するべき

汗に関する悩みと治療

脇

恥ずかしい大きな悩み

多汗症に悩んでいる人がたくさんいます。多汗症とは、文字通り通常の人と比べ、ある部分に汗を大量にかいてしまう症状のことです。特にワキや手などに症状が現れやすく、それが原因で脇汗のシミが作られてしまったり、恋人と手をつなぐときに大量の汗を指摘されてしまったりなど、恥ずかしい思いをすることも多々あります。このように多汗症はとても恥ずかしい症状ですので、病院に行ったり、誰かに相談したりしにくいという特徴があるのが問題です。そのため、市販の汗対策グッズを使うだけで対応が終わってしまい、そのまま症状を放置してしまう人が多いのも事実です。多汗症は、決して治らない症状というものではありません。何らかの治療をすれば治せるものなのです。

整形外科での治療

多汗症の治療方法の中の一つが、整形外科で行うことの出来るボトックス注射というものです。汗の出てしまう部分にボトックスを注入することで、発汗作用のある成分の分泌を抑え、汗の量を減らすことが出来ます。一度注射を行えば、個人差はありますがおよそ半年程度効果を持続させることが出来、特に汗をかきやすい夏場でも、一度治療を受けるだけで、快適に過ごすことが出来ます。また整形外科では、それ以外にも多汗症対策のための様々な治療方法を展開しており、自分に合ったものを選ぶことが出来ます。多汗症患者にとって、整形外科での治療はとてもありがたいものです。昔から汗に対して悩んでいる人は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。